1. トップページ
  2. > 事業紹介
  3. > 燃料電池

燃料電池

未来の電力供給を担う発電システムの開発

エネルギー効率が高くクリーンな次世代の発電システムとして注目を浴びている燃料電池の開発にも携わっています。

燃料電池部門の強み

  • 世界最高レベルの発電効率を誇る固体酸化物形燃料電池

SOFC(固体酸化物形燃料電池)

燃料電池は、空気中に含まれる酸素と、都市ガスなどから取り出した水素とを、電気化学反応させることにより電気を作り出す発電装置です。

発電効率が高いため、火力発電に比べてCO2排出量を低減することができ、発電時に発生する熱の有効利用も可能なため、エネルギーを効率よく活用できます。また、騒音や硫黄酸化物、窒素酸化物がほとんど発生しません。

住友精密が手掛ける燃料電池は固体酸化物形燃料電池(SOFC)と呼ばれるタイプです。本タイプは発電効率が高い一方、発電温度が高温であるため、開発・製造には多岐に渡る高度な技術が求められます。

当社は、環境システム部門のセルスタック技術、熱交換器部門の熱マネジメント技術、マイクロテクノロジー部門のシステム設計技術といった、各事業分野で培ってきた技術を結集することで、世界最高レベルの発電効率を有するSOFCを開発しました。

ページトップへ