開発試験設備のご紹介

 

 

ブレーキシステム/シミー試験装置の仕様紹介

 

大型と小型の2基設備しております。
この試験装置で、航空機用ブレーキシステムの制動能力試験と、脚組立のシミー試験を行います。
試験装置は、(1)ドラム、フライホイールとこれを駆動する電動機から構成されるダイナモメーター、(2)タイヤをドラムに押し付けるタイヤ負荷装置、(3)脚組立を取り付けたカーゴを揚降しドラム上で脚組立の滑走状態を模擬するシミータワーから構成されます。
ダイナモメーターは、ブレーキ試験時滑走路面を提供するとともにドラムとフライホイールを組合せブレーキシステムが吸収すべき回転エネルギーを蓄えます。シミー試験時は、滑走路面を提供すると同時に試験滑走速度でタイヤを回転させる駆動源として働きます。
タイヤ負荷装置はブレーキ試験時に使用され、一車輪分のタイヤ/ホイール&ブレーキ組立を保持し、予めプログラムされた滑走速度対押付け荷重曲線に従って、ドラムにタイヤを押付けます。
シミータワーはシミー試験時に使用され、脚組立を取り付けたカーゴを揚降することにより脚組立をドラム上で滑走させます。滑走時の脚組立の分担荷重を調整する機能を併せ持つタワーです。

装置全体
装置全体
ブレーキシステム試験の概要
シミー試験の概要
 

 

 

装置の仕様
項 目 大型ブレーキシステム
/シミー試験装置
小型ブレーキシステム
/シミー試験装置
ダイナモ
メーター
ドラム 直径 3.048m
(120inch)
2.134m
(84inch)
1.1m 0.35mと0.65m
(0.3m+0.35m)
等価慣性重量 6.5トン〜12トン 1.9〜7トン
電動機出力 350KW ACモーター 250KW DCモーター
ドラム周速 4〜360Km/h 6〜550Km/h
ドラム耐荷重 垂直方向;34トン
水平方向;22トン
垂直/水平方向とも
6トン・・・0.3m幅ドラム
13トン・・・0.65m幅ドラム
シミータワー カーゴ重量
(前脚分担荷重)
34トン最大 0.9トン最大
カーゴ揚程 1.8m 0.9m
模擬揚力 22トン最大 2.3トン最大
タワー柱中心間寸法 3.8m 1.9m
タイヤ
負荷装置
装着可能タイヤ直径 50inch 40inch
タイヤ押付け力 22トン最大 13トン最大
ベースプレート
ストローク
650mm(制御)
1000mm(最大)
500mm(制御)
1200mm(最大)
キャンバー角 0°固定 ±8.5°可変

 

※ 拡大したい場所をクリックしてください。
装置全体3D模式図