開発試験設備のご紹介

 

 

シミー試験の概要

 

前脚組立と前脚を操舵するステアリングコントロールシステムが十分なダンピング性能を有しており、実機走行中に遭遇する各種滑走条件(走行速度と前脚分担荷重を座標とするマップ)において前脚がシミー現象(自砺振動)を発生するゾーンの無いことを確認する試験です。

シミー試験
シミー試験
ダイナモメーターとシミータワーを使用します。ダイナモメーターのドラムが滑走路面を提供するとともに前脚タイヤを試験速度で駆動します。シミータワーは、前脚を上下して滑走状態を作ります。

シミータワーは、脚の上下とともに前脚に加える試験荷重の調整機能、並びにシミー発生時自動的に前脚を上昇させドラムから切り離す機能を有します。また、横荷重負荷装置を装備しており走行状態の脚に横荷重を外乱として加えます。この外乱を脚及びステアリングコントロールシステムで十分ダンピングできない場合、シミー現象(自砺振動)に至ります。

試験概要は下記の通りです。


シミータワーで脚を吊上げた状態で、ドラムを試験速度で定速回転させます。
脚をドラム上に降ろし走行状態にします。
このとき、脚には試験荷重が負荷されています。
横荷重を脚に加えます。
シミー発生を装置のセンサーがキャッチした場合、自動的に脚は上昇しシミー状態から回避されます。
シミー発生のない場合、ダンピング性能評価に必要なデータ取得後、脚を上昇させます。