熱制御システム

 

 

当社は、航空機用ならびに航空エンジン用熱交換器及び熱制御システムを供給できる世界有数のメーカであり、より高性能、小型軽量な熱制御製品の開発に常に取組んでおります。これらの技術は独自の設計技術、フィン成型技術及びアルミ材等の金属ロー付け技術によりなりたっております。ロー付け技術を近年では高密度・高性能電子機器シャーシにも応用しております。また、コルゲートフェイン型とシュル&チューブ型のいずれも設計・製造しております。最近ではB787ドリームライナーに搭載される補助動力装置APU用オイルクーラをはじめ、ロールス・ロイス社が開発中のTrent 1000エンジン用熱制御システムの開発・製造を行っております。