降着装置

 

 

降着装置の開発事例紹介

 

Airbus A330/340主脚揚降アクチュエータ

 

本格的な海外民間航空機ビジネスへの参画は1989年よりAIRBUS A330/340主脚揚降アクチュエータの開発をDOWTY AEROSPACE LANDING GEAR社(現MESSIER-DOWTY)より受注したことに始まります。A330/340は中・長距離用民間機であり、これまで800機近い航空機が製造され世界で運用されています。その後もMESSIER-DOWTY社よりATR42-500/72用前脚アセンブリ、A330/340用主脚SIDE STAY ASSY、A300-600用Bogie and Axle Assy、ビジネス・ジェット機CL-300用 主脚アセンブリ等の製造を受注し、民間機用降着装置ビジネスへの大きな足がかりとなりました。