降着装置

 

 

設計指針について

 

降着装置の構造部材はフェールセーフ設計あるいは損傷許容設計を適用していません。
“安全寿命設計“ を適用しております。この設計手法は、設計要求寿命内で破損しない最小強度レベルに抑えることで軽量化を行なう設計手法です。

脚材料の特性
・超高強度鋼(1450〜2000MPa)を一般的に使用します。これらの材料は亀裂発生後の寿命が初期亀裂発生までの寿命より、はるかに小さいため設計要求寿命内で亀裂を発生させないように設計を心掛けています。

冗長系適用が困難
・全ての部材をシングルメンバーで構成
・重量制限・脚収納スペースの壁

これらの条件を考慮した上で3次元CAD/CAE/CAMを活用して設計要求を満足させる解を見つけることになります。これ以外にも、電気配線及びセンサー、油圧配管、ホイール&ブレーキ及びタイヤ等の取付けを考慮する必要があります。