研究開発の取組み

 

 

代替クロム・コーティング技術の開発

 

航空機降着装置の摺動部は硬質クロムメッキが施されております。硬質クロムメッキ自身は、硬くて、耐食性に優れた性質がありますが、反面、メッキ施工時に人体に有害となる六価クロムを発生させるため、作業ならびに廃液処理に細心の注意を払っております。しかしながら、人体に有害な物質をなくすためには硬質クロムメッキ自身をなくすことが必要であり、当社でも硬質クロムメッキに代わる有望なコーティングとしてタングステン・コバル系のHVOFコーティングの開発研究をすすめ、ようやく実用化することができるようになりました。当社は、環境対策に大きな配慮をしながら今後も航空機の開発に取組んでいく使命をもっております。

 

 
硬質クロ−ム・メッキの代替として実用化したHVOFコーティング技術。
将来の主流になるものと思われる。