1. トップページ
  2. > 企業情報
  3. > CSR

CSR

住友精密グループは、2006年4月からCSR活動を本格的に開始いたしました。社長を委員長とするCSR委員会を設置し、下図のCSR活動体制を構築し、CSRの観点で経営活動に横グシを入れてチェックしております。
また、「企業理念」に基づいた「行動規範」を定め、CSR活動や企業理念・行動規範等を取りまとめた小冊子を作成して全社員に対し教育を実施しております。

CSR委員会

  • コンプライアンス委員会
  • リスクマネジメント委員会
  • 情報セキュリティ委員会
  • 環境管理委員会
  • 人権・同和対策推進委員会
  • 品質委員会
  • PL部門委員会
  • 安全衛生委員会(労働組合と協議)

株主・投資家の皆様とともに

①配当
当社は、安定的な継続配当方針のもと、企業体質の一層の強化と今後の事業展開に備えた内部留保に意を用いるとともに、業績動向及び当社を取り巻く事業環境を総合的に勘案して実施してまいりました。
②IR活動・ディスクロージャー
当社をよりご理解いただくために積極的なIR活動を行っており、投資家向けの決算説明会も年に2回(春と秋)、東京にて実施しております。
また、重要事実等につきましても、引き続き、証券取引所・報道機関・ホームページ等を通じて適切なディスクロージャーに努めてまいります。

社会とともに

①地球環境
当社は省資源・省エネルギ-・リサイクルを中心に環境保全活動に取組んでおり、環境マネジメントシステム規格ISO14001の認証を取得しております。また環境リスクの低減、資源エネルギーの効率向上、環境保全等を目的とした技術、製品の開発にも注力しております。
②社会貢献
毎年、教育機関・文化体育活動等への寄付や支援を行っています。
住友グループ広報委員会を通じて「一筆啓上手紙コンクール」・「全国盲学校弁論大会」・「インターカレッジ・ネゴシエーション・コンペティション後援」等の支援活動にも参加しております。
また社員による献血を年に2回実施しております。
③地域貢献
日頃お世話になっている近隣の方々には、地域の行事に寄付を行ったり、当社の夏祭りにお招きしたり、交流活動を行っております。
また、当社の現場第一線の監督者の組織を中心とした本社工場周辺の清掃活動の実施や、沿道の道路照明灯の維持管理への協力を通じて地域貢献に努めています。

従業員とともに

①自然災害対策・緊急事態対策
地震や台風等の自然災害に備え、「自然災害対策規程」を定め、自然災害による緊急事態に備えております。
また、自然災害以外の緊急事態につきましては「危機管理規程」を制定し、「緊急事態(地震・テロなど)発生時の行動マニュアル」のカードを全従業員に配布し、緊急時の行動や連絡が少しでもスムーズに行えるようにしております。
②安全・衛生・防火
当社は毎月、社内の稲荷神社で社長以下の役員及び現業関係の管理監督者が出席して安全祈願を行い、また安全衛生委員会を開催しております。
また、従業員のメンタルヘルス予防の一環として、2回/月、社外からカウンセラーをお招きし、さまざまな悩みごと(心や体の健康、対人関係や家庭の悩みなど)の相談室を開設しております。
③人権
「あらゆる差別を行わない」「あらゆる差別を無くす」ために、同和問題を中心に年1回、人権教育を実施し、更に人権週間期間中には啓発資料を全従業員に配布しております。その他にも新入社員への教育や、行政が実施する研修に参加するなど、機会あるごとに差別廃絶の啓蒙に努めております。
また、ハラスメント(セクシャル・パワー)についても、男女別に相談窓口を設けるなど適切に対応しております。
④人材(採用・障害者雇用)
当社の中期的採用方針は、定期採用としては大学・高専卒は10名程度、専門学校・高校卒は15名程度の安定的採用を基本に、事業の拡大には中途採用等にて柔軟に対応することとしております。
また障害者の雇用にも力を入れております。

ページトップへ