1. トップページ
  2. > 企業情報
  3. > 環境保全の取組み

環境保全の取組み

環境方針

当社では、環境方針を次のように定め、全社で環境保全活動に取組んでいます。

私たちは、社会の責任ある一構成員であるとの自覚を持って、地域及び地球規模の環境保全の重要性を認識し、以下の行動を通じて企業理念である「環境との調和、共存」を経営の最高課題のひとつとして実現していきます。

  • 環境目標を設定し、その達成を目指して全員参加の活動を行うと共に、環境マネジメントシステムを継続的に改善し、環境パフォーマンスの向上を図る。
  • 事業活動の各段階で環境負荷の低減を図り、環境影響及び汚染の予防に努め、環境の保全に寄与する。
  • 法令要求その他の遵守義務を真摯に履行する。
  • 社員の環境意識の向上に努め、環境保全活動の円滑な推進を図る。
  • 省資源・省エネルギー、3R(リデュース・リユース・リサイクル)活動を推進する。
  • 航空宇宙油機、熱制御、産業環境等各分野で長年培ってきた基盤技術を活かして、環境保全技術・製品の開発を推進し、社会に貢献する。

環境マネジメント適用範囲

下記事業所・組織における活動・製品・サービスを含む全事業活動

  • ① 本社・工場に所在する当社全組織
  • ② 滋賀工場に所在する当社全組織
  • ③ 関係会社のうち、株式会社シリコンセンシングシステムズジャパン、株式会社シリコンセンシングプロダクツ、SPPテクノロジーズ株式会社

環境マネジメント体制

環境管理統轄役員のもと、役割、責任及び権限を定めて環境管理体制を構築しています。環境管理委員会で、情報・指示の伝達及び共有化を図っています。
こうした環境管理・監査システムの構築により、上記の適用範囲において、環境マネジメントシステム規格ISO14001の認証を取得しています。

環境負荷低減の取組み

当社は、環境負荷の低減のため、省資源・省エネルギ-の活動に全社を挙げて積極的に取組んでいます。

省資源の取組みとしては、生産工程で発生する金属くずの再利用はもちろんのこと、物流・梱包資材の再利用、分別の徹底による紙の再資源化など、リサイクル活動を中心に取組んでいます。

省エネルギー活動としては、「省エネルギー推進委員会」を設置し、職場ごとにエネルギー使用量を管理するとともに、省エネ対応設備への更新や照明間引き、不使用時の電源OFFの徹底など、細かな活動の積み重ねでエネルギー使用量の低減に取組んでいます。当社では、製品によって製造時のエネルギー使用量が異なるため、直ちに全社的なエネルギー使用量の大幅低減につながるというわけではありませんが、こうした活動により、エネルギー使用量の一定維持・低減に努めています。

エネルギー使用量

環境配慮型製品

当社は、事業活動を通じた社会貢献を目指し、環境リスクの低減、資源エネルギーの効率向上、環境保全等を目的とした多数の製品を有し、また新たな技術・製品の開発にも積極的に取組んでいます。

航空宇宙関連

航空宇宙機器の分野では、重量が航空機の燃費性能を左右し、ひいては環境負荷にも影響を与えることから、常に軽量化を意識して製品開発に取組んでいます。また、騒音低減という独自の切り口から環境貢献を目指した開発にも積極的に取組んでいます。

脚揚降システムの電動化開発

現在、航空機業界では、軽量化による燃費性能向上、さらには環境負荷低減の観点もあり、各種装備品の電動化が進められています。
その中で、当社は脚揚降システムにおける電動化に取組んでおります。中・大型機の脚揚降システムは、航空機の中で最もハイパワーを要するシステムであることから、電動化への技術的難易度が高く、これまで実現されておりませんでした。当社は、電動モータで油圧ポンプを駆動してアクチュエータを作動させる方式を採用することで、世界初の実現に向け目途を付けました。

静音型脚システムの開発

空港周辺の騒音問題は、従来より空港立地上の問題となっており、国際的な規制強化が進められています。当社は、JAXAのFQUROH(機体騒音低減技術の飛行実証)プロジェクトに参画し、着陸時の脚システムによる風切り音を低減した静音型脚システムの開発に取組んでいます。次世代リージョナルジェットへの採用を目指しています。

着陸時の脚周辺から生じる騒音を計測
騒音発生源を数値解析により分析・改善設計

資料提供: JAXA
http://www.aero.jaxa.jp/research/ecat/fquroh/

省エネ型航空機エンジンに対応する熱交換器

当社の手掛ける航空機エンジン向けの熱交換器は、高効率・小型軽量の特徴を持ち、燃費向上すなわち省エネに貢献しています。また空気抵抗低減に寄与する形状のものもあり、騒音低減にも貢献しています。

熱交換器

熱交換器の分野では、クリーンエネルギー普及や、エネルギー利用の効率化などに貢献し、省エネルギー・低環境負荷をサポートする製品群を数多く手掛けています。

LNG気化装置

燃焼時のCO2、NOxの排出が少なく、硫黄酸化物が発生しないなど、環境にやさしいエネルギーとされる天然ガス。当社は運搬のために液化された天然ガス(LNG)を気化させる装置を手掛けています。

水素ステーション向け熱交換器

燃焼してもCO2を発生しない水素エネルギーはクリーンエネルギーとしての期待が高まっており、水素社会実現に向けての取組みが国を挙げて始まっています。水素を燃料とした燃料電池車普及のカギとなるのが、水素ステーションの整備です。当社は当該設備向けに新たに拡散接合熱交換器を開発いたしました。

その他

その他の産業機器の分野では、省エネに対応し低騒音性にも優れた油圧ポンプや、オゾンを利用したごみ浸出水等の処理システムなどを手掛けています。また、環境負荷の小さい発電システムとして注目される燃料電池の開発にも取組んでいます。この分野の約4割が、環境貢献型の製品です。

    • 油圧ポンプ
    • AOP 処理装置(ごみ浸出水処理システム)

燃料電池開発

燃料電池は、空気中に含まれる酸素と、都市ガスなどから取り出した水素とを、電気化学反応させることにより電気を作り出す発電装置です。発電効率が高いため、火力発電に比べてCO2排出量を低減することができ、発電時に発生する熱の有効利用も可能なため、エネルギーを効率よく活用できます。また、騒音や硫黄酸化物、窒素酸化物がほとんど発生しません。

ページトップへ