トップ   >   社員紹介   >  

竹田 博昭

社員紹介


【明日を拓くための想い】

挑戦の過程に、喜びがある。

航空宇宙油機事業室技術グループ

竹田 博昭Hiroaki Takeda

2007年入社
神戸市立工業高等専門学校 機械システム工学専攻

【入社動機】

子どものころから大の機械好き。仕組みがどうなっているのかが気になって、テレビのリモコンやラジオなど、さまざまなモノを分解していたという。その後、機械工学を専攻し、機械の製造に関わる仕事に就きたいと考えるように。住友精密工業を選んだのは、決められた仕事を淡々とするのではなく、自ら仕事を管理し任される環境があったから。さらに、会社見学で昼休みにグラウンドで野球やサッカーを楽しむ社員を見て、自由な社風を感じたことも決め手になった。


トップシェアの製品を一手に担う。

航空機器分野で培った油圧技術を活かし、さまざまな輸送機器や一般産業向けの油圧機器を手掛けている住友精密工業。竹田が担当するのは、一般産業用油圧ポンプの開発・設計である。油圧ポンプは工場のプレス機や加圧装置などの動力に用いられるもの。小型のポンプで大きな力を発揮できること、出力や速度の制御が容易で遠隔操作が可能なことから、トラックや建設機械の昇降用動力としても活用されている。
「油圧ポンプは社会のあらゆるところで役立っています。介護施設の送迎車に車いすの昇降装置がついていますが、その動力も油圧ポンプによるもの。なかなか一般の人の目に触れる機会はありませんが、当社の製品は市場において確固たる地位を築いています。」

竹田が所属する技術チームは少数精鋭。業界トップシェアの製品を一手に任されるため、何よりのやりがいを感じられるという。興味を持てばいろいろな業務を経験させてもらえるそうで、入社前に望んでいた生産技術にも深く関わることができているそうだ。
「外注加工業者との距離も近く、社内にない技術に触れる機会も多い。学びの多い刺激にあふれた環境に恵まれており、非常にいい経験ができています。」


画期的な新製品を自らの手で。

住友精密工業の高品質な油圧ポンプは、他社の追随を許さず、確固たるシェアを誇る。そのため、幾度かの改善こそ行われていたものの、製品自体は30年前に発売されたものであった。しかし、それを覆す画期的な新製品が近年、開発された。それこそ、竹田が開発を任された『HASUBAポンプ』である。
「この製品は、『はすば歯車』という特殊な技術を採用した油圧ポンプです。従来の製品を凌駕する極低脈動・極低騒音性能を実現した高効率油圧ポンプで、各種油圧制御分野での採用が期待されています。これまでも新製品開発に挑戦したことはありましたが、量産化には失敗していました。だからこそ、この『HASUBAポンプ』に懸ける想いは強いですね。これまでの経験を活かし、やっとの思いで量産化したものですから。」

そんな竹田が技術者として大切にしていること。それは、感覚だという。サイズ感、荷重感、そしてコスト感。それらがしっかり確立できていないと、図面にした時に思いもよらぬ方向に進んでしまうことが多くあるのだそうだ。そうした感覚は、『HASUBAポンプ』出荷前の最終調整にも活かされている。
「ポンプを組み立てた状態でポンプの内部を観察することはできません。ですから、最終調整時の加工作業は装置の振動や異音、ポンプの温度などの情報から、内部で起こっている状況を想像し、分解・調査を繰り返します。もちろん徹底的に勉強した工学の基礎知識があってこそですが、技術者の感覚を研ぎ澄ましていなければ、求められる最高の品質を実現することはできないのです。」


しがみついても意味がない。

開発・量産化に成功した『HASUBAポンプ』だが、竹田の挑戦は終わったわけではない。製品をより広く採用してもらい、その価値を広めて初めて彼の仕事は完結する。現在は顧客に採用してもらうためのマイナーチェンジや、次回モデルチェンジのための基礎研究などに取り組んでいるところだ。
「日本中の誰に言ってもわかるようなメジャーな場所に、『HASUBAポンプ』が使われるようにしたいんです。たとえば、リニアモーターカーのトンネル掘削に使われる『シールドマシン』という油圧装置があるのですが、こうした要求の厳しい場所に使われてこそ、製品の価値も高くなっていくはず。自分の子どもに『お父ちゃんの作った機械のおかげでリニアが走ってるんやで』なんて言ってみたいですよね。」

来るべき日を夢見て、妥協なきチャレンジを続ける竹田。彼が感じる「エンジニアとしての喜び」を聞くと意外な答えが返ってきた。
「世の中に影響を与えるような価値を届けることができれば、やはり嬉しいと思う。けれど、本当に楽しいのはその価値を生み出す過程にあるんです。すでに提供した価値にしがみついても意味がない。『HASUBAポンプ』をやり切ったら、きっと他のことに挑戦したくなると思います。まあ、少しくらい自慢はするでしょうけど(笑)。」


#

お問い合わせ

住友精密工業へのエントリーは、就職サイトから行ってください。
後日、登録されたメールアドレスに、人事担当者からご案内を送付させていただきます。
住友精密グループの各企業での採用は行っていません。
住友精密工業へのエントリーをお願いいたします。