トップ   >   社員紹介   >  

山田 晋平

社員紹介


【明日を拓くための想い】

挑戦のDNAを守る。

管理部企画管理グループ

山田 晋平 Shimpei Yamada

2008年入社
神戸大学 経済学部 経済学科

【入社動機】

大学では経済を学ぶ。父の影響でメーカーでの勤務を希望し、実際にものを作っている会社であること。従業員が数千人を超えるような大企業ではなく、仕事の全体像が見える会社であることを条件に就職活動を行う。
住友精密工業を選んだのは航空機の他にも、聞き慣れないが強みを持った事業をいくつも展開しているから。一般的なメーカーに感じていた「堅苦しさ」がないことも大きな決め手になったという。


全体最適を見据える、縁の下の力持ち。

高度な技術力で、世界に通じる魅力的な事業を展開する住友精密工業。
それらの事業を会計の視点から支え、同社の経営と密接にかかわっているのが管理部である。山田が所属する企画管理グループは、事業部門における予算編成の取りまとめや業績管理を担当する部署。
事業ごとに担当者が置かれ、事業部の責任者と密に情報共有しながら、正確な分析資料を作成していく。
「私の担当は『熱制御機器部門』。事業部から出てくる販売や生産、購買に関する数値などの情報をまとめて、『どれだけ利益が出る計画なのか』を予測し、『どれだけ実際に利益が出たか』を分析して、社長をはじめとした経営陣に報告することがミッションです。

それらはあくまで経営陣が判断するための資料ですが、私の分析が経営判断に直結する極めて重要なもの。常に全体を最適化する視点を忘れず、日々の業務に臨んでいます。」
挑戦のDNAで拡大・進化を遂げてきた住友精密工業だが、無謀なチャレンジばかりしていては、企業として存続していくことはできない。全社を俯瞰し、市場を見据えた分析があるから、世界で活躍する住友精密工業の"いま"がある。山田らの存在は、縁の下から会社を支える極めて重要な意味を持っているのだ。


多様な知識を備える、マルチプレイヤー。

企画管理の仕事には、多様な知識が求められる。会計はもちろん、世界の経済動向も把握しておかなければならないし、あらゆる市場動向もウオッチしておく必要がある。さらに、技術的な知識がなければ、事業部の責任者とも話ができなくなってしまう。山田自身、新規事業に関する設備投資計画をまとめた際には、大きな苦労があったようだ。
「新規事業をさまざまな側面から分析した上で、実行するべきかどうかを検討し、その判断根拠を示さなければなりません。そのためには、技術的な知識も理解する必要がありました。
事業部の責任者だけでなく、現場の技術者にも徹底的にヒアリングし、情報を整理して、それらの影響をあらゆる側面から分析していく......。とにかく大変でした。」

あらゆる情報について、多面的に分析していく。
山田の仕事に一切の妥協はなく、そこに私情を挟むことは決してない。「事業部側には『やりたい』という強い想いがあり、その挑戦の意欲は当社の財産でもあります。けれど、そこで私たちが分析を怠り、ただの言いなりになってしまっては、ビジネスとして成立しないかもしれない。そして、失敗を重ねていけば、いつしか挑戦を許されない会社になってしまう恐れもあります。客観的で多面的な分析を行い、ダメなものはダメと言う。それが住友精密工業の『挑戦のDNA』を守り、支えることにつながるのです。」


みんなを、もっと幸せにしたい。

もっとも経営に近い場所で、確かな分析力を発揮し続けている山田。彼には新人時代から抱いている夢がある。それは、住友精密工業の社員が勤めていて幸せだと思える会社をつくることだ。
「住友精密工業には世界で通用する技術力と魅力的な事業があります。けれど、それらをビジネスとして成立させ、より大きな利益を上げ続けなければ、会社としての成長はありません。

今はまだ事業部のプランについて『良いか』『難しいか』という分析しかできませんが、いずれはこちら側からよりよい提案をできるような人材になっていきたいですね。より大きな利益を生み出すことができれば、それだけ社員への報酬も増えるでしょうし、仕事への誇りもより大きなものになるはず。私が大好きな会社をもっともっと大きくする。そこで働くすべての人が幸せになる。これほどやりがいのある仕事はありません。」


#

お問い合わせ

住友精密工業へのエントリーは、就職サイトから行ってください。
後日、登録されたメールアドレスに、人事担当者からご案内を送付させていただきます。
住友精密グループの各企業での採用は行っていません。
住友精密工業へのエントリーをお願いいたします。