トップ   >   社員紹介   >  

内田 亮平

社員紹介


【明日を拓くための想い】

その仕事に、誇りを。

SPPテクノロジーズ技術部

内田 亮平Ryohei Uchida

2008年入社
大阪府立大学大学院 工学研究科 機械系専攻

【入社動機】

機械工学を学び、計測光学を研究していた内田。
就職活動では名だたる大手メーカーを回ったが、そのほとんどに堅いイメージを抱き、あまりに多くの人々が関わる仕事に、自らが歯車になってしまうような虚しさを感じたという。
どこにいくか迷っていたときに出会ったのが住友精密工業。研究室の教授から「少数精鋭の面白い会社がある」と紹介された。大きな責任と裁量のもと、いろいろなことに挑戦できる。
自らの仕事に誇りを感じることができると考えた。


責任がある。自分が活きる。

あらゆる精密機器に用いられ、私たちの暮らしを支えている「半導体」。そして次世代のデバイスシステムを担う「MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)」。住友精密工業では、シリコン深堀り・エッチング・成膜といった「MEMS/半導体プロセス製造装置」を多く手掛けている。それらの装置について、幅広い業務を担当しているのが、内田である。
「仕様書をはじめとしたドキュメント作成に始まり、お客様への技術的な説明、カスタマイズ設計、納入後の改善・開発業務など、一貫してプロジェクトに関わっていきます。ベースとなる装置はありますが、お客様によって要望はさまざま。それらの要望を己の技術で解決へと導いていく仕事はとても難しく、やりがいのあるものです。」

受注から設計、納品、その後の改善業務まで。
一つの装置に責任を持って関わっていくことになるのだが、ひとつのプロジェクトだけに集中できるわけではない。繁忙期には5件以上ものプロジェクトが同時に走ることもあり、内田は膨大なタスクと向き合う日々を送っている。
「プロジェクトの9割以上に携わっている私たち。新人のころは『ここまで任されるの!?』と戸惑ったこともありました(笑)。
けれど、その分だけ自分の価値も感じられますからね。
誇りを持って仕事に向き合うことができています。」


提供するのは、モノではなく価値。

これらの装置を購入する顧客は、主に半導体メーカー。
だが、独自で半導体製作を行う企業や、研究教育機関など、そのニーズはさらに広がっている。そのため、顧客の仕様や機能に関するニーズはより多様なものとなっている。「アラームのランプの色を変更したい」などの簡単な要望から、「装置の劣化を把握するため、電流をモニターしたい」「駆動用エアーの制御を変更したい」「装置のバルブやレギュレータなどの仕様を変えたい」といった要望を一つひとつ実現していくわけだ。
内田がかつて担当した成膜装置のプロジェクトでは、実に20以上もの要求が寄せられ、その対応に苦労したそうだ。

「お客様の要望の中には、当然、技術的に実現できないものもあります。ですが、当然、『できません』と言って『はい、そうですか』とはならないわけです。その対案を自ら考え、何度もお客様のもとに通い、ディスカッションを重ね、提供できるベターな装置を模索していく......。
この仕事は技術や装置と向き合うだけでは務まらないのです。」
顧客の想いと真摯に向き合い、自らのアイデアや技術で価値を創り上げていく。この仕事は、単なるモノ売りではない。
「目的は装置をつくることではありません。大切なのはどのような価値を提供するか。プロジェクトに臨むうえで、常に目的を意識し、そのゴールを意識するようにしています。」
内田が持つ仕事へのこだわりは、住友精密工業が誇る確かな品質を感じさせるものだと言えよう。


広い視野をもって、その期待に応えたい。

さまざまな顧客によって、多様な使われ方をするMEMS/半導体プロセス製造装置。その環境の多様さから、装置に発生したトラブルの原因究明は実に困難な作業となる。
「お客様に納入した装置において、基板が搬送できないトラブルが発生したことがありました。こうしたトラブルは、仕様はもちろん、周囲の環境や条件が複合的に絡んで起きることがほとんど。ですから、社内の多くのチームを巻き込み、徹底した仮説・検証・対策を行うことが必須です。自分の技術や知見ばかりに固執しないこと。今ある知見を無視しないこと。『ちょっと気になる』という感覚を大切にすること。視野の広いエンジニアであり続けなければ、お客様の期待に応えることはできないと思っています。」

多忙な日々の中にあっても、妥協することなく、確かな価値を提供し続けている内田。しかし、それでも現状に満足はしていない。
「現在の仕事は、誇りを持って価値を提供できるやりがいのあるものです。しかし、技術者であるからには、新しい装置を自らの手でつくってみたいと考えています。日常のタスクに追われることなく、メンバーと技術に対してフランクな議論を交わし続けることで、いつの日か、その夢を現実のものにしていきたいですね。」


#

お問い合わせ

住友精密工業へのエントリーは、就職サイトから行ってください。
後日、登録されたメールアドレスに、人事担当者からご案内を送付させていただきます。
住友精密グループの各企業での採用は行っていません。
住友精密工業へのエントリーをお願いいたします。