1. トップページ
  2. > 企業情報
  3. > コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス体制の概要

当社は、取締役会と監査役・監査役会によるコーポレートガバナンス体制を採用しています。 経営上の意思決定、執行及び監督に関しては、月1回以上開催される取締役会が重要事項を決定するとともに具体的業務の執行状況を監督する他、経営幹部による経営会議、各部門毎の事業検討会議などを適宜開催し十分に議論を加えるとともに、顧問弁護士から必要の都度、助言を受けるなど、適正かつ迅速に事業を推進する体制をとっています。
また、監査役が取締役会他の重要会議に出席し経営執行状況の的確な把握と監視に努めるとともに、監査役会を構成し、職務を補助する監査役室等を活用し、内部統制システムやリスク管理体制の整備状況についても監査を行っています。会計監査については、会計監査人と監査契約を締結し、通常の監査に加え、適宜、会計上必要な助言を受けています。

コンプライアンス

当社は、法令等の遵守に係る活動を促進するためコンプライアンス委員会を設け、コンプライアンス体制の整備及び維持を図っています。
各部署における業務執行については、組織・業務分掌・決裁基準等に関する規程を定め、権限及び責任の明確化を図るとともに、内部監査規程並びに財務報告に係る内部統制監査規程を定め、業務執行から独立した社長直属の内部監査室が法令遵守状況及び業務の効率性並びに金融商品取引法に定める財務報告に係る内部統制の整備・運用状況等の監査を実施し、その結果を社長及び監査役に報告することにより、業務全般の適正性及び財務報告の信頼性を確保することとしています。
さらに、法令違反行為に関する内部通報制度を設け、コンプライアンス体制の拡充を図っています。

リスクマネジメント

当社は、業務執行に係るリスクを認識の上、各項目に関わる専門委員会を設置し、各委員会での審議・活動内容に関する規程を定め、各々のリスクの把握と軽減に努めています。また、CSR委員会が各専門委員会を統轄し、それぞれの活動内容を報告させ、リスク全般を横断的に管理しています。

コーポレートガバナンス体制の模式図

コーポレートガバナンスに関する報告書 (PDF:77KB)

ページトップへ