1. トップページ
  2. > 企業情報
  3. > 社会

社会

品質

当社は、企業理念に基づいた住友精密グループ品質方針を定め、国内及び海外の子会社等も含めた継続的な品質コンプライアンス意識の啓発・教育活動を行っております。
また、お客様要求事項及び法令・規格等の遵守に係る活動を推進するため、法務・コンプライアンス推進室の下に品質統括グループを設置し、品質コンプライアンスの維持、向上のための体制を整備しています。
その一環として、住友精密グループ品質委員会を設置すると共に、ISO 9001に当社独自の品質コンプライアンス推進事項を加えた「住友精密グループ品質マネジメントシステム要求事項」を制定しました。今後、各事業及び子会社等の品質コンプライアンスを更に強化していきます。

住友精密グループ品質方針 2021年7月1日(PDF:342KB)

サプライチェーン

当社グループは、良好かつ堅固なサプライチェーンの構築を事業の継続的発展のための核と位置付け、①コンプライアンスの徹底、②公正な取引に基づく健全な競争環境の構築、③相互発展に資する持続的なパートナーシップの追求の3点を軸とした「住友精密グループ調達基本方針」を制定しております。
お取引先様への調達基本方針の周知、コンプライアンス通報窓口の設置、取引先表彰制度やアンケート調査によるお取引先様のCSR活動状況の把握などの取り組みを通じ、本方針に則った調達活動を推進しております。
ステークホルダーからの期待に応えるべく、持続的なサプライチェーンの構築に引き続き取り組んでまいります。

住友精密グループ調達基本方針 2021年8月31日(PDF:141KB)

人権

当社グループとそのサプライチェーンに携わる全ての人々の人権を尊重し事業活動を行うことは、企業における最重要事項の一つであるという考えの下、「住友精密グループ人権方針」を定めております。また、英国で施行された現代奴隷法に基づく当社グループおよびサプライチェーンにおける奴隷労働や人身取引を防止するための声明を公表しております。本方針を当社グループの全役員・従業員が理解し、実行するために適切な啓発活動を推進するとともに、直接的若しくは間接的に当社グループとそのサプライチェーンの事業活動の影響を被る人々の人権を侵害しないようにしてまいります。
併せて、従業員同士における多様性を尊重しあうための教育・啓発活動として、年1回の人権・ダイバーシティ講演会の開催、人権週間期間中の啓発資料の配布、新卒・中途採用者をはじめとした従業員への教育などを実施し、高い倫理観を持ちながら事業発展に努めております。

Statement under the United Kingdom Modern Slavery Act (FY2020)(PDF:156KB)

英国現代奴隷法に関する声明(2020年度)(PDF:195KB)

住友精密グループ人権方針 2021年8月31日(PDF:169KB)

ページトップへ