一般産業用
(公共・民間)

製品紹介

オゾン発生機

当社は、オゾン発生機メーカーとして1974年以来の歴史を持つ、オゾン発生機のパイオニアです。
使用環境や用途に応じて、最適なオゾン発生機、オゾン発生システム(原料ガス発生装置等含む)をご提案いたします。また、特殊仕様のご相談にも応じます。

SGAシリーズ

仕様
オゾン発生量 10~500g/h 10機種
オゾンガス濃度 75~117g/m3(N)(機種により異なります)
原料ガス PSA酵素
オゾンガス流量 2~90L/min
コンプレッサ、PSA酸素発生器内蔵(50g/h以上ではコンプレッサ付属)
冷却方法 空冷式
特長
コンパクトでシンプル、かつ省スペース。
操作およびメンテナンスが容易な空冷式。
原料ガスは、内蔵しているPSA酸素を使用。
酸素供給設備は不要です。
高濃度オゾン
PSA酸素原料のため、高濃度オゾンが手軽に得られます。
オゾン濃度可変
調整ボリュームにより、0~100%の間で自由にコントロール。

SGシリーズ

仕様
オゾン発生量 130~3,000g/h 44機種
オゾンガス濃度 原料ガス:空気:11~15g/m3(N)
原料ガス:PSA酵素:100~120g/m3(N)
オゾンガス流量 2.1~240m3/h
冷却方法 空冷式
付属設備 コンプレッサ、空気浄化装置またはPSA酸素発生器
消泡塔、排オゾン分解塔
特長
操作およびメンテナンスが容易な空冷式オゾナイザ
オゾン濃度可変
調整ボリュームにより、0~100%の間で自由にコントロール。

SGBシリーズ

仕様
オゾン発生量 100~470g/h 6機種
オゾンガス濃度 210g/m3(N)
原料ガス PSA酵素
オゾンガス流量 8~35L/min
PSA酵素発生器内蔵、コンプレッサ付属
冷却方法 水冷式
特長
コンパクトかつ超高濃度オゾン発生が可能。
原料ガスは、内蔵しているPSA酸素を使用。
酸素供給設備は不要です。
オゾン濃度可変
調整ボリュームにより、0~100%の間で自由にコントロール。

SAGシリーズ

仕様
オゾン発生量 500~12000g/h 64機種
オゾンガス濃度 原料ガス:空気:40g/m3(N)
原料ガス:酵素:120、150、210g/m3(N)
オゾンガス流量 2.4~100m3/h
冷却方法 水冷式
付属設備 コンプレッサ、空気浄化装置またはPSA酸素発生器
チラーまたは熱交換器
消泡塔、排オゾン分解塔
特長
高濃度かつ低消費電力(従来比 25~40%削減)
高圧オゾンガス発生(0.3Mpa)可能。
質量、大きさを削減(従来比 60%削減)

SAGTシリーズ

特長
小口径円筒多管放電方式。
小口径放電管採用によるコンパクト化。
高効率放電方式の採用によるランニングコスト約13%低減(当社比)

WEDECOシリーズ

仕様
オゾン発生量 150㎏/h以上可
オゾンガス濃度 原料ガス:空気:40g/m3(N)
原料ガス:酵素:10、12、15wt%(147、178、220g/m3(N))
冷却方法 水冷式
付属設備 コンプレッサ、空気浄化装置またはPSA酸素発生器
チラーまたは熱交換器
消泡塔、排オゾン分解塔
特長
世界最高レベルのチューブ型水冷式オゾナイザを輸入販売。
150㎏/h以上の超大型オゾナイザ。
国内最大400㎏/h(133㎏/h×3台)の実績。




オゾン処理システム

オゾン発生機を水処理に使用する場合には、オゾンを溶解させるエジェクタ、ポンプ、反応槽や気液分離槽、AOP処理の場合は紫外線照射装置、排オゾン分解器などが必要です。
当社では、上記をシステム化した製品をご用意しております。

SPAシリーズ

仕様
オゾン発生量 10~140g/h 11機種
処理水量 1.5~50m3/h
オゾン注入方式 エジェクタ方式
搭載機器 オゾン発生機(SGAシリーズ)、加圧ポンプ、エジェクタ
気液分離塔、排オゾン分解器、バルブ・弁類一式
オプション 紫外線、海水仕様
特長
自社設計のエジェクタにより、高いオゾン反応効率
排オゾン分解器搭載により、排オゾン処理の心配がいりません。
2.5mg/L程度のオゾン注入量を想定し、高効率な気液分離槽で、コンパクトな装置で大水量処理を実現。
用途
プール
水族館
動物園
オゾン水製造
SPA処理フロー

STSシリーズ

仕様
オゾン発生量 50~500g/h 6機種
処理水量 5~500m3/h
オゾン注入方式 エジェクタ方式
搭載機器 オゾン発生機(SGAシリーズ)、ポンプ、エジェクタ
滞留反応槽、排オゾン分解器、バルブ・弁類一式
オプション 紫外線
特長
自社設計のエジェクタにより、高いオゾン反応効率
排オゾン分解器搭載により、排オゾン処理の心配がいりません。
10mg/L程度のオゾン注入量を想定し、オゾン反応に最適な滞留槽設置。
用途
小規模排水
再利用水(ビル中水など)
親水・修景用水処理
STS処理フロー

K-AOPシリーズ

仕様
オゾン発生量 10~120g/h 6機種
処理水量 1~12m3/h
オゾン注入方式 エジェクタ方式
搭載機器 オゾン発生機(SGAシリーズ)、紫外線、
ポンプ、エジェクタ
気液分離槽、排オゾン分解器、バルブ・弁類一式
特長
溶存オゾンの残留がほとんどなく、膜処理、生物処理など、各種水処理機器との組合せが容易。
用途
再利用水(膜ろ過設備の前処理)
飲料水のオンサイト再浄化
K-AOPシステムフロー

D-AOPシリーズ

仕様
オゾン発生量 208~940g/h 7機種
処理水量 15~160m3/h
オゾン注入方式 エジェクタ方式
搭載機器 オゾン発生機(SGBシリーズ、SAGシリーズ)、
紫外線、ポンプ、エジェクタ
気液分離槽、排オゾン分解器、バルブ・弁類一式
特長
ダイオキシン類分解に最適なオゾン、紫外線の比率、照射方法、注入タイミングなど独自のノウハウで、極低濃度(ピコグラム/L)までのダイオキシン類低減を保証。
用途
埋立地浸出水 ダイオキシン類処理
高性能AOPシステム