品質方針

 

 

住友精密工業株式会社航空宇宙部門は、航空宇宙防衛分野の企業として半世紀以上の豊富な経験を生かし、設計・開発、製造、メンテナンスからカスタマーサービスまで一貫した高度な技術をもって「お客様に信頼される安全な製品を、競争力のある価格でタイムリーに提供する」ことを基本理念とする。

 

すなわち浮利に走らず、分別ある企業活動の中で、顧客要求事項に適合した信頼性の高い製品を適正な価格で顧客に提供し、この分野のリーデイングカンパニーとして顧客並びに社会ニーズに応えることである。

 

航空宇宙部門の品質方針は、JIS Q 9100規格及び関連規格を適用し、以下を基本として、経済的そして有効的なシステムとしての品質マネジメントシステムを確立し、諸活動を推進して顧客満足及び製品要求事項を実現することである。

 

(1)飛行安全第一:全要員がこの品質方針を認識し、強い責任感と高い品質意識を持って品質マネジメント活動に参画する。そして、飛行安全に不可欠な信頼性の高い製品品質を実現し、不適合品の未然防止・流出防止を図る。

 

(2)コンプライアンス遵守:関連する法規制、社会ルールはもとより、社内の規則や手順書等決められたことを遵守し、コンプライアンスを決して疎かにしない企業活動を実践する。

 

(3)顧客満足:全要員が自覚を持って継続的な改善活動を実行し、顧客から評価され、顧客満足の得られる企業となる。

 

(4)品質目標の達成:製品の引き合いから契約、設計、開発、購買、製造、メンテナンス、検査、納入及びカスタマーサービスに至る全ての業務において責任と権限を明確にし、全要員が品質目標の達成に向けて活動する。

 

(5)継続的改善:品質マネジメントシステムの実践にあたり、部門から個人に至るまで品質目標を設定し、全要員がこの目標を達成するための役割を自覚する。そして、このシステムを効果的に機能させるために、その有効性を定期的に評価して継続的改善を図る。

 

(6)経営計画の達成:顧客並びに社会の動向を正確にかつ時機を捉えて把握し、当部門がこれまでに培ってきたポテンシャルを効果的に活用して、長期的視野で事業存続を目指した経営計画を達成する。

 

(7)以上の活動を通じて品質目標を達成し、顧客満足を得て、全ての顧客から信頼されるエクセレントカンパニーを目指す。

 

代表取締役 副社長 M田 克彦