WORK

設計(半導体製造装置)|技術系職種

世界を変える源流を、この手でつくり出す。
砂場 啓佑スナバ ケイスケ 2016年入社
私の仕事内容
半導体製造プロセスで使われる装置をつくっています。具体的には、エッチング工程で使われるシリコン深堀装置や化合物エッチング装置といった、プラズマエッチング装置と、成膜工程で使われる、プラズマ成膜装置です。お客さまは世界中の半導体デバイスメーカー。彼らの要望を聞き取り、オーダーメイド品をつくります。これとは別に、次世代製品の開発品設計も行っています。営業が現場で拾った声と半導体プロセスを熟知したマーケターが集めた情報をもとに、技術開発します。私の担当は開発品設計。仕様の検討から、設計、試作、組立、さらには試験まで、全ての工程に参加し、新製品をつくりあげています。
仕事のやりがい
世界屈指の半導体デバイスメーカーと共同開発することもあります。「住友精密工業でなければつくれない」という、デバイスメーカーの声を受けて、開発が始まります。技術に誇りを持てると同時に、自分の開発した技術が半導体を進化させ、世界を変えていくかもしれない、というやりがいに、心が掻き立てられます。デバイスメーカーからは「うちの製品開発に住友精密工業の装置を使っていることを知られたくない」とも言われます。秘密にしたいほど、我々の技術は半導体の性能に大きな影響を及ぼしているのです。もちろんその分、開発難易度が高い!でも、それがまた、エンジニア魂に火をつけるのです。
仕事の難しさ
設計作業自体は、それほど難しくありません。しかし、そこに至るまでのイメージを膨らませるのが難しいんです。なぜかって?ちょっと細かい話ですが、当社の装置は真空状態の中でデバイスを加工しています。そのため真空世界で、どのようにモノが動き、流体が流れるのかをイメージする力が必要になるのです。また、いかにして真空状態をつくりだすかを考えるのも重要です。私は機械工学科出身ですので、設計の基礎やメカの構造はある程度理解していたつもりです。しかし、真空世界で起こることを想像して設計のイメージを膨らませるのは、全く別世界です。本当に難しいですが、毎日が勉強という心意気で奮闘中です。
当社の自慢
なんでも相談できる上司がいるのが自慢です。例えば「こんな部品を使ってみたい」と相談すると「やってみようや」と即返答してくれます。そのため、スピード感を持って開発ができます。また、同じ工場内に設計室と試作や試験を行う施設があるのも魅力。自分の設計が形になるさまを、自分の目でチェックできる、そして自分で組み立てることもできます。モノづくりにどっぷり浸れる環境です。
就活生の皆さんへ
メッセージ