WORK

品質保証|技術系職種

お客様の夢を保証する。技術屋のプライドを守る。
三村 俊太ミムラ シュンタ 2020年入社
私の仕事内容
小型ビジネスジェットをはじめとした民間航空機用の脚システムの品質保証を行っています。品質保証というと製品の最終チェックをする仕事と思われがちですが、それだけではありません。設計、生産工程の設定といった開発プロセスから、金属加工処理、出来上がった製品の形状、寸法まで。仕事と製品の品質、全てを保証します。納品後も品質に関する問い合わせ対応を行いますので、ものづくりの後も私の仕事は続いていきます。お客様の信頼。我々の技術とそこにかけるプライド。航空機を利用者される方々の安心・安全。それら全てを保証するのが私の仕事です。
仕事のやりがい
学生時代、ものづくりがしたい!と人力飛行機サークルに入ったのがきっかけで、私は航空機が好きになりました。空に飛び立った後、大きな脚がキレイに折りたたまれて格納されていく様子は、なんだかロボットみたいな動きでかっこいいと思っていました。この「好き」がそのまま仕事に繋がったことは大きなやりがいです。特に当社の航空宇宙機器部門は、様々なメーカーの様々な種類の脚システムをつくっています。「この機体はこんな仕組みになっているのか」と驚くことが多く、日々、ワクワクしています。多くの航空機に触れ、技術を深く知ることができるのは、多品種を扱うサプライヤーならではの面白さではないでしょうか。
仕事の難しさ
納品後にお客様からいただくお問い合わせ。その内容によっては、一気に仕事が慌ただしくなります。特に、製品の不具合に関する問い合わせは大変です。元々、出荷前には徹底的に品質をチェックしていますので、不具合がなぜ起こったのか?どこで起こったのか?ということを調べるだけでも大変です。しかも、お客様は早く解決して欲しい!と望まれます。焦りとプレッシャーを感じる中で、冷静に一つ一つ確認し、原因究明することが求められるのです。当社がお客様に信頼され選ばれているのは、高い技術と確かな品質があるから。同時に、我々自身もそこにプライドを持っています。信頼とプライドを守る。その重さこそが、仕事の難しさです。
当社の自慢
会社が空港の近くにありますので、間近を飛ぶ飛行機の姿や動きがよく目に入ります。「うちの脚が活躍している」「うちの熱交換器が今、動いている」なんて思うと、仕事のやりがいが高まります。言葉で言い表しにくいのですが、爽快感みたいなものを、空を見上げたときに感じられるのです。こんなにも素晴らしい思いが生まれるプロダクトを、ユーモアを忘れない仲間たちと一緒につくることができるのが、当社の自慢です。ぜひ、この魅力を体験して欲しいです。
就活生の皆さんへ
メッセージ